2・キングカメハメハとキングカメハメハ産駒

  • 2019年10月7日
  • 2019年10月7日
  • 競馬
  • 41View
  • 0件

キングカメハメハの成績

8戦7勝。勝ち鞍は日本ダービー、NHKマイル、マイルC、神戸新聞杯、毎日杯です。

変則ローテーションによる、NHKマイルから日本ダービーを獲りました。

馬に負担がかかるローテーションだったためにその後の神戸新聞杯後に屈腱炎が判明し引退しました。

父:キングマンボ、母:マンフアスとなってます。

産駒の特徴

まず、繁殖牝馬によって距離をこなしたり、ダートを得意な馬などが出ています。さらにサンデー系じゃないので配合の幅が広がります。

牝系の良さを引き出すことができます。なので産駒は母の血統を見てその馬の適正がわかります。

ローズキングダム、アパパネ、ドゥラメンテ、レイデオロなどの芝GⅠ「を勝った馬もいる一方、ベルシャザール、ホッコータルマエのようにダートGⅠを勝った馬まで輩出しています。

そのことからも牝系の適正を出しやすくなってます。

その他高速馬場の適正が高いです。なので近年のダービーやジャパンCでも活躍するのでしょう。しかし母が欧州型の重厚血統の場合は注意。

内枠を得意とする馬が多いです。

キングカメハメハはNHKマイル(1600m)からダービー(2400m)への距離延長で勝ったことから産駒も距離延長を苦にしない馬が多いです。

まとめ

1・母型の血統(母父)の血統によって馬の能力が決まりやすい。

2・高速馬場への適正が高い。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!