サートゥルナーリア1強?第79回皐月賞(GⅠ)

  • 2019年4月9日
  • 2019年4月9日
  • 競馬
  • 43View
  • 0件

もっす。Monta Ziereです。

まずは先週の桜花賞。グランアレグリアは力が全く違いましたね。過去10年のデータで年明け1回も走っていない馬は1着に来ていませんでしたが、完璧な調整ができる「ノーザンファーム天栄」ですね。しかし買える天栄と買えない天栄(天栄でしっかり動いてる馬とただ休んでる馬がいる)の見極めが大切ですね。

それにしてもグランアレグリアは強かった。レースレコードのおまけつき。次走NHKマイルかオークスを予定されていますが、ウォッカ以来の牝馬ダービー馬を目指してほしいと個人的には思ってます。

あと2着シゲルピンクダイヤは良い脚を使っての2着。最終コーナー13、14番手からの追い込みが良かった。ダイワメジャー産駒ってこともあってオークスにはいかないと思いますが、これからのマイル戦に期待できる1頭ではないでしょうか。

それでは今週行われる

第79回 皐月賞(GⅠ)

2019年4月14日(日) 中山11R 芝2000m(右)Bコース

過去のデータ

◇ 人気

1番人気(2・1・1・5)
2番人気(1・3・0・5)
3番人気(2・1・2・4)
4番人気(1・1・2・5)
5番人気(0・0・0・9)
6番~9番人気(3・3・2・28)
10番人気以下(0・0・2・74)
近3年は7番人気以下が勝ってます。
16年8番人気 ディーマジェスティ
17年9番人気 アルアイン
18年7番人気 エポカドーロ
1番人気が勝ったのは、13年のロゴタイプです。

◇ 脚質

逃げ(0・0・1・11)
先行(2・3・4・21)
差し(7・3・3・60)
追込(0・3・1・38)
昨年は先行馬が1着から3着まで独占。稍重だったこともあって、差し馬が負けた。馬場が重要になります。

◇ 前走

1着(7・4・4・45)
2着(2・3・2・23)
3着(0・0・2・19)
4着(0・2・0・8)
5着(0・0・0・6)
6着~9着(0・0・1・20)
10着以下(0・0・0・9)
前走4着以下からの巻き返しが厳しい。

・クラス別

GⅡ(4・5・5・64)
GⅢ(5・1・3・32)
OP(0・3・1・27)
500万(0・0・0・7)

・主なステップレース

共同通信杯(4・0・0・5)
スプリングS(3・1・2・34)
弥生賞(1・4・3・29)
毎日杯(1・0・0・10)
若葉S(0・3・1・18)

人気を落としている1800m重賞を4着以内の馬が連対しています。穴馬はここから出てきます。

勝っている馬は2011年オルフェーヴルから2018年まですべて前走1800m重賞を1、2着の馬となってます。
主に・スプリングS・共同通信杯・毎日杯
となってます。

今回の大注目馬

サートゥルナーリア

前走はホープフルS・・・

先週のグランアレグリアのこともありますが果たしてどうなんでしょう?

騎手もまたまたルメール騎手・・・

悩みますね。

また次回注目馬について書きます。

では

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!