第33回 フラワーカップ

  • 2019年3月14日
  • 2019年3月14日
  • 競馬
  • 80View
  • 0件

もっす。Monta Ziereです。

先週のWIN5は凄いですね。まさかの1着同着があって払い戻しが2通りって去年のダービー以来ですね。(確か・・・)

1028万と160万ってどちらでも良いから当てたいですね。

で今週は土日合わせて4レース重賞ですね。

まずは土曜日中山11Rの第33回フラワーカップについてです。

こちらのレースは桜花賞よりオークス狙いの馬が狙ってくるレースですね。

流れが落ちついて先行力と持続力が求められるレースです。

過去のデーター

データは中山競馬場で施行された09~18年の9回です。(11年は中山で施行されず、14年は2着が同着でした。)

◇人気

1番人気(3・2・1・3)
2番人気(2・1・2・4)
3番人気(2・2・0・5)
4番人気(0・2・1・6)
5番人気(0・0・0・9)
6番~9番人気(1・2・2・31)
10番人気以降(1・1・2・51)
基本は1~3番人気が中心ではあります。6番人気以降で連対した馬は、関東馬、1勝馬、前走混合戦を戦った馬などの条件が当てはまっていれば穴注意です。

◇脚質

逃げ(3・0・1・5)
先行(5・3・2・36)
差し(1・5・4・43)
追込(0・2・1・39)
逃げ馬が前走で1400~1800mでキャリア3戦以下だと(3・0・0・0)となってます。

芝1800m、芝2000mでの勝ち鞍がある馬、または中山1600mで勝っている馬が良い成績を残しております。このように中山実績と1800m、2000mと距離実績をしっかり見極めることが大切なレースとなっております。

注目馬

◎ コントラチェック

前走の「菜の花賞」では前週に行われた「フェアリーS」の勝ち時計より2秒早い時計となりました。週が違うので一概には比較できないが強い競馬をしたのは間違えないと思います。距離も1800mで勝っているので問題ないと思います。中山も前走、前々走と走っているので、問題ないと思います。

今回ルメール騎手が騎乗停止になってしまっていますが、丸山騎手も今年は力を発揮してるので、期待できると思います。

〇 ジョディー

前走クイーンCで勝ったクロノジェネシスの1/2馬身差とGⅠ好走馬相手にも良い内容でした。1ハロンの距離延長ではありますが、逃げてしぶとくいけば勝ち負け勝負できるのではないかと思います。

▲ エールヴォア

エリカ賞では初めて逃げて1馬身半差をつけて勝ち切りました。ここでも逃げて積極的な競馬をすることができれば・・・

桜花賞では距離短縮になるので、期待できる馬もいるので今回のレースもしっかり見ていきたいと思います。

馬券は自己責任でお願いします。

ではまた


NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!